両親へのプレゼントは今これが人気|贈り物で相手に幸せを

初節句と内祝い品について

贈り物

初節句とは、こどもが生まれて最初に迎える節句のことを言います。男の子の場合は5月5日、女の子の場合は3月3日となります。どちらも、「無事に成長しますように」という願いのもとで行なわれます。初節句は家族間で行なわれる行事ですが、祖父母を中心とした親類が内祝い品を贈りながら一緒に参加することもあります。親類や友人知人などから贈られる品は実に様々ですが、基本的にはお祝い品やお祝い金のどちらかとなります。お祝い品は、人形やお菓子などが基本です。お祝い金の額は、祖父母やその他の身内、友人知人などによって額が変わります。お返しとして用いる内祝い品は、お米やお菓子など、こちらも特に中身は決まっていません。ただ、頂いた品の半額程度が相場と言われているので、購入する商品の価格には十分注意しましょう。

初節句時の内祝い品は、通販サイトで購入しましょう。商品の種類が豊富であることはもちろん、オリジナルのメッセージカードや熨斗などを無料で付けてくれたり、手渡しする際に便利な手提げ袋の販売をしたりと、いろいろなサービスが受けられます。また、初節句の内祝い品だけでなく、結婚内祝いやお中元など、様々な年中行事に対応した商品を販売しているので、1年を通して便利に利用することができるようになっています。自宅や指定した住所に配送してくれるようになっているので、日程や状況に合わせて設定するようにしましょう。